ニッタ株式会社

製品情報

ホーム > 製品情報 > エアクリーン用製品 > エアフィルタ > リムライト RL/RLZ

リムライト RL/RLZ

特長

日本初の特殊エンボス仕様によるEcoフィルタ(最小圧力損失)に制菌防カビ性能を付加!!

  • 清潔・衛生・快適
    捕集した微生物はろ材繊維をコーティングしている制菌防カビ剤で機能を停止させ増殖を抑制
    制菌評価:JIS L 19022015に基づく繊維製品の抗菌性試験・定量試験にて効果有
    防カビ評価:JIS Z 29112010に基づくカビ抵抗性試験(湿式法)方法に基づく、
    判定0:試料又は試験片の接種した部分に菌糸の発育が認められない。
  • 省資源最適設計で必要最小限の材料
    (ろ材面積従来比約40%)
  • ろ材交換型(型番末尾F12型)はろ材パックの交換により省資源・コスト低減
  • 再生
    洗浄方式による再利用が可能(洗浄方式についてはお問合せ下さい)。
    対応品番:RL
  • 環境対応に優れた性能を発揮
  • 丈夫・軽量で取扱い易く、各種形状・サイズ等、お客さまのニーズに対応
  • 幅広い用途で、高い信頼性・経済性を発揮
    オフィス、ホテルをはじめ様々な商業施設などのビル空調から医療施設、研究所、各種工場の空調システムまで

 

仕様

型式 サイズ 定格風量 初期圧力損失 最終圧力損失 捕集効率(%) 交換ろ材型番 制菌防カビ 洗浄対応
(H*W*D) (m3/min) (Pa) (Pa) 0.4μm
※1
0.7μm
※1
比色法
RLZ-65-F12 610×610×150 56 60 300 <40 <50 65% RLZ-65P-F12
RLZ-65-F6 610×610×65 56 65
RL-65-F4 610×610×45 46 40 200
RLZ-90-F12 610×610×150 56 80 300 <70 <80 90% RLZ-90P-F12
RLZ-90-F6 610×610×65 56 95
RL-90-F4 610×610×45 46 90 200
RL-65-F12 610×610×150 56(70) 60(90) 300 <40 <50 65% RL-65P-F12
RL-65-F6 610×610×65 56 65
RL-65-F4 610×610×45 46 40 200
RL-90-F12 610×610×150 56(70) 80(110) 300 <70 <80 90% RL-90P-F12
RL-90-F6 610×610×65 56 95
RL-90-F4 610×610×45 46 70 200

※1 JIS比色法はJIS-B-9908-2011形式2

 

構成

ろ材 化学合成繊維(非帯電)
亜鉛鋼板・紙
ガスケット EPDM
常時使用温度 60℃以下
最高湿度 <100%
ただし、結露または水滴付着のないこと
難燃性 JIS L 1091 A-1法区分3

 

特殊エンボス構造上の特徴

  • 最適設計による最小圧力損失
  • 敗れ難く(頑強)、 取扱いし易い(軽量)

※ 水洗い等の洗浄再生後の性能は保証できません。

※ 洗浄再生後のフィルタの使用については、空気質に十分注意してください。

 

カビの繁殖と胞子飛散のリスク

湿度調整不足や空調運転の停止などにより微生物の繁殖に適した環境となった場合、フィルタのろ材面でカビが繁殖し下流側に胞子を飛散させる可能性があります。

※胞子の大きさは1-2μm

【ろ材表面拡大】

【フィルタろ材下流側】

【フィルタろ材上流側】

 

制菌防カビフィルタの有効性

◇ 制菌評価   [JIS L 19022015に基づく繊維製品の抗菌性試験・定量試験]
供試菌 抗菌活性値 効果 備考
 黄色ブドウ球菌 ※制菌対象菌 5.8(合格:≧2.3) 人の皮膚、腸常在菌。食中毒、皮膚感染症
 肺炎桿菌 ※制菌対象菌 6.3(合格:≧2.9) 口腔や腸管常在菌。呼吸器感染症など
 MRSA ※制菌対象菌 5.3(合格:≧2.2) 黄色ブドウ球が耐性化した病原菌。人の皮膚常在菌
 大腸菌 ※オプション菌 6.0(合格:≧2.5) 腸内細菌。殆ど無害。感染症。O157は強い病原性
 緑膿菌 ※オプション菌 5.9(合格:≧2.0) 土壌など環境中に生息。腸内細菌。薬剤抵抗性大
◇ 防カビ評価   [JIS Z 29112010カビ抵抗性試験(湿式法)方法に基づく]
供試菌 供試ろ材 供試カビ
  • Aspergillus niger [(クロ)コウジカビ]
  • Penicllium citrinum [アオカビ]
  • Chaetomium globosum [ケタマカビ]
  • Myrothecium verrucaria [クワ暗斑病菌]

以上4種の混合

期間 1週目 2週目
標準ろ材 2 2
制菌防カビ 0 0

[判定]

  • 0:試料又は試験片の接種した部分に菌糸の発育が認められない。
  • 1:試料又は試験片の接種した部分に認められる菌糸の発育部分の面積は
    全面積の1/3を越えない。
  • 2:試料又は試験片の接種した部分に認められる菌糸の発育部分の面積は
    全面積の1/3を越える。
[標準ろ材]
[制菌防カビろ材]
◇ ろ材上での菌繁殖テスト(社内試験)
テスト内容 培養結果
標準ろ材 制菌防カビろ材
※ろ材写真
  • ① ろ材に空気中の浮遊粒子(浮遊菌)を捕集
  • ② 30℃、80%以上の環境下でろ材を培養
  • ③ その後ろ材表面をマイクロスコ-プで観察
  • ④ 菌の繁殖有無を確認
  • 結果:標準ろ材に微生物の生育を確認、制菌防カビろ材では未確認

※寒天培地写真
  • ⑤ 各ろ材表面を別の標準ろ材に転写
  • ⑥ 転写した標準ろ材の表面を寒天培地に転写し30℃で培養
  • ⑦ 菌の繁殖有無を確認
  • 結果:標準ろ材表面からアスペルギルス等を確認
       制菌防カビろ材表面からは未確認

このページの先頭へ