ニッタ株式会社

ニッタの新技術

ホーム > ニッタの新技術

ニッタの新技術

Namd(エヌアムド)とは〜CNTの分散化技術と、炭素繊維へ均一に
付着複合化させるニッタ独自の技術〜

ナノ複合化技術で新領域のCFRPへ

Namdは、航空機や自動車など、軽量かつ高強度を要するものの材料として応用されている炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を更に進化させるニッタ独自開発の技術です。

CFRPは、1本が直径7μ(ミクロン)以下(=毛髪の20分の1以下)という極細な炭素繊維(CF)で構成されています。

ニッタは独自の技術で、この極細な炭素繊維の表面に、鉄の20倍の強度、銅の10倍の熱伝導性を持つカーボンナノチューブ(CNT)を、ナノレベルで付着させ複合化することで、今までにない新しい材料の開発を進めています。

*ナノ=μ(ミクロン)の1000分の1

カーボンナノチューブ(CNT)とは?
炭素繊維(CF)とは?

Namdの特長〜CNTの優れた特性を十分に発揮させる技(ワザ)〜

ニッタ独自の分散技術

ニッタ独自の分散技術

●Namd特長その1「CNT分散技術」

ニッタの分散技術は、CNTの機能低下をもたらす分散剤を使用することなく、CNTを1本1本ばらばらに分散させます。更に、CNTを切断することなく分散させる(長尺解砕)ので、CNT本来の特性を十分に活かすことができます。

炭素繊維への均一付着複合化技術

炭素繊維への均一付着複合化技術

●Namd特長その2「炭素繊維への複合化技術」

CNT1本1本を、炭素繊維に均一に付着させることによって、炭素繊維の表面積が向上し、よりCNTの特性が活かされます。

Namdの可能性〜スポーツ用品から宇宙まで〜

Namd搭載箇所とNamd拡大図

●スポーツ用品での応用

スポーツ用品大手メーカーのヨネックス株式会社との共同開発により、ニッタNamdの技術を搭載したバドミントンラケット、テニスラケット、ゴルフクラブなどが次々と商品化されています。

シャフト部に搭載されたNamdは、強靭なしなりと復元力を生み出すことから、新たなカーボン素材として高く評価されています。

 

ニッタは、今後もNamd技術の発現する特性を活かした材料開発を進め、軽量高強度材料としての応用分野における製品化を進めて参ります。

テクニカルセンター 開発企画グループ
TEL:0743-56-2024

■nano tech大賞2015グリーンナノテクノロジー賞受賞
 ⇒ナノテクレジェンド2013-2015 P40-43掲載
nano tech大賞2015グリーンナノテクノロジー賞 受賞

食品ハンドリング向けロボットハンドの開発〜食品製造業界の課題解決に向けて〜

SOFTmatics™

ロボットハンドSOFTmatics™
(開発中)

ニッタでは、食品製造業界が抱える従事者の高齢化や人手不足といった課題の解決に向けて、人の手に代わって多様な食材を直接掴める画期的なロボットハンドを開発しています。

近年、モノづくり現場でのロボットによる自動化は急速に進められてきましたが、食品製造工程でのロボット導入はもっとも困難とされています。その理由は、衛生面の配慮は当然のこと、扱う食材の形や大きさ、重さがバラバラであるため、それらを直接掴むには、多数のロボットハンドが必要となること等が挙げられます。

 

不定形なじゃがいも 不定形なじゃがいも
潰れやすいイチゴ 潰れやすいイチゴ
不揃いなリンゴ 不揃いなリンゴ

■使用事例

「弁当盛り付けロボット」

㈱デンソーウェーブyoutube
公式チャンネルへリンクします。

SOFTmatics™ の特長

ニッタのロボットハンド SOFTmatics™は、様々な食材のバラツキにも対応し、食材を優しくつまむ、包むように持つことを特長とするハンドです。

食材を直接掴む部分は、ニッタの食品向けベルト製品の素材を応用し、食品衛生法に適合。また、ハンドの着脱機構はニッタの空圧カプラー機構を採用しており、工具を使わずにロボットとハンドを簡単に着脱することができ、作業時間の削減にも貢献します。

SOFTmatics™の特徴
不定形、バラバラ、つぶれやすいワークを優しくつまむ、包むように持つ

テクニカルセンター 開発企画グループ
TEL:0743-56-2024

このページの先頭へ