ニッタ株式会社

中長期経営計画

ホーム > 投資家の皆さまへ > 中長期経営計画

中長期経営計画 V2020

ニッタグループは、2012年から2020年にかけて、中長期経営計画『V2020』に取り組んでおります。Phase1(2012年度~14年度)、Phase2(2015年度~17年度)では、ともに売上目標を達成しました。


2018年4月よりスタートしたPhase3(2018年度~20年度)では、グループ力を結集し、変化の激しい時代への
対応と『V2020』の成果を確実なものにしつつ、次なる成長を目指します。

ニッタグループ あるべき姿

あるべき姿

ソフトマテリアル“複合化技術”のグローバルNo.1パートナー

ソフトマテリアルの“複合化技術”とは

複合製品化技術
接着、多層シート化技術
シート搬送技術
押出成型技術 など

ソフトマテリアル
(ゴム・樹脂・繊維)
ノウハウ

(アプリ毎、顧客毎の)
評価技術

Phase3の目標

定性目標 三大チャレンジ

1.
新事業・新製品の創出と成長
  • NITTA INNOVATION 活動の推進による新事業・新製品の創出
  • 新事業分野の成長とグループ間シナジーの最大化
2.
グローバルマネジメントの推進
  • NITTAブランドの強化
  • グローバル人材育成の促進
  • コーポレートガバナンス、コンプライアンス、リスク管理の強化
3.
トータルコスト競争力の向上
  • 生産技術の革新
  • 現場改善活動の進化
  • 大胆な業務改革と効率化の推進

定量目標

最終年度である2020年度には連結売上高1,000億円、営業利益8%の達成を目指します。また、Phase2で新たに加わったリソースを活用し、新事業・新製品売上比率は25%を目標とします。

定量目標

株主還元策

株主の皆様に対する利益還元を重要な経営課題の一つとして位置づけ、企業体質の強化・充実を図りつつ、業績に応じた適正な利益配分を行うという基本方針のもと、『V2020』Phase3の期間においては、連結配当性向20%~30%を目安に、安定的且つ着実な配当を継続的に実施します。


このページの先頭へ