ニッタ株式会社

CSRへの取り組み

ホーム > CSRへの取り組み > 社会貢献に関する取り組み

社会貢献に関する取り組み

Ⅰ.森林資源の維持保全による地球環境問題への貢献

1.沿革と目的

当社は、1906年(明治39年)に当時の製品生産に必要不可欠であったタンニンの原材料となる槲(かしわ)の木を求めて、北海道・十勝地方へ進出しました
以後数年間で、最大30,000ヘクタールの森林を保有し、タンニンの製造やベニヤ板の製造に活用しました。
当時としては、成長の早いカラマツを植林するという珍しい行動を起こし、森林の保全に努めました。
戦後に行なわれた農地解放の結果、その面積はかなり減少したものの今なお、十勝支庁管内に約6,600ヘクタール規模の森林を維持しており、国産のニーズに応えた木材の供給をはじめ、植林用苗木の提供、植林、間伐等、京都議定書批准以後、地球温暖化防止に効果があると注目されている森林の整備を、継続的かつ積極的に展開しています。

  • 植林地
  • 育苗風景
  • 植林地
  • 育苗風景

2.森林の管理方針の制定とSGEC認証の取得

当社は、社有林を社会全体に役立つ公共性の高い資産であると位置づけています。森林は木材という再生可能な天然資源を産み出すほか、適切な管理・整備を継続して行うことで、水源涵養機能、土砂流失防止機能、土砂崩壊防止機能、大気保全機能などの公益的機能を有しています。これらの価値・機能の中でも、近年特に注目が高まっているのが、二酸化炭素の吸収・貯蔵による、地球温暖化防止効果です。
当社は、このような社会的価値を認識し、長期に維持・保有していくことは大切な社会的責任であると考え、森林管理方針を制定しました。また、2008年12月に森林認証制度の一つであるSGEC(注)を取得し、本認証の森林管理プログラムに基づき、持続可能な森林管理を行っています。

(注) Sustainable Green Ecosystem Council:世界的な森林減少・劣化の問題と、グリーンコンシュマリズムの高まりを背景に日本の森林管理レベルを向上させることを目的に誕生した認証制度で、『緑の循環』認証会議が運用主体。

森林管理方針

  • 北海道が定める造林に関しての基本方針を遵守し、確実に実行することで、将来にわたって森林資源を確保するとともに、持続可能な森林経営を行う体制を構築する
  • 社有林の中にある人工林を「資源循環林」、「水保全林」、「森林と人との共生林」に分け、それぞれがCO2吸収、水源の涵養や土砂流出防止等の公益的機能を持ち合わせた地域にとって必要不可欠な山林となるよう、施業に創意工夫を施して社有林の質を高める。
  • 天然林については、公益的機能の維持および向上を目的とした最適な施業を、地形や林分に応じて行う。
  • 生物多様性保全を念頭に置き、北海道レッドデータブックに記載されている動植物が社有林に生息する場合は、その保護に努める。
  • 関係官庁等と連携をとりながら、将来を見据えた森林作りを積極的に推進していく。
  • ISO14001および OHSAS18001の基本方針を遵守し、地域環境や地域社会との調和を図るとともに労働者の安全衛生に十分配慮しながら自然環境の保護に努める。

Ⅱ.文化活動の振興、地域とのコミュニケーション

当社は、和歌山県海南市の公益財団法人琴ノ浦温山荘園(当社創業者の新田長次郎が造園:2010年に国指定名勝)の維持管理を支援することで、
地域社会の発展(文化財保存)に寄与し、また、同園が開催している各種イベント(「ひな祭り」、「夏まつり」、「秋の遊宴」など)に協賛することによって、
文化的活動に貢献しています。

温山荘園の概要等は、ホームページをご覧ください。
http://www.onzanso.or.jp

  • 温山荘園

Ⅲ.良き企業市民としての社会貢献活動

1.地域清掃奉仕

行政、近隣に協力した「クリーン作戦」「ゴミ拾い」などの周辺清掃活動を本支店、各工場で毎年継続して行っています。

年々ゴミの量は減ってきているように見えますが、まだまだ死角になるような場所では大型ゴミが廃棄されています。

今後も地域の周辺美化に貢献いたします。

  • 清掃奉仕
  • 奈良工場周辺の清掃活動
  • 清掃奉仕
  • 清掃奉仕
  • 本社周辺の清掃活動

2.献血・骨髄バンクドナー登録への協力

ニッタグループでは多くの従業員が定期的な献血と併せて骨髄バンクのドナー登録の推進に協力しています。ドナー候補者に必要なコーディネートや事前の健康診断、採取時の入院等に対して、会社はドナー休暇制度を設け有給休暇を付与しています。また、ドナー休暇取得中の業務に対して職場の上司をはじめ周囲の積極的な支援と協力が得られ、既に複数の従業員が骨髄提供を経験しています。
日本赤十字血液センターのホームページにニッタの献血協力に関する記事が掲載されています
http://www.jrc.or.jp/activity/blood/cross/140710_001225.html

  • 献血
  • 献血

3.その他

カード類の回収・寄贈活動

使用済みの切手やプリペイドカードなどのカード類を回収して福祉団体などへ寄贈しています。

このページの先頭へ