ニッタ株式会社

CSRへの取り組み

ホーム > CSRへの取り組み > 経営関連情報の報告に関する取り組み

経営関連情報の報告に関する取り組み

当社は、投資家への適時適切な会社情報の開示が、健全な証券市場の根幹をなすものであることを十分に認識するとともに、常に投資者の視点に立った迅速、正確かつ公平な会社情報の開示を適切に行えるよう社内の経営関連情報の報告体制の充実に努めています。

Ⅰ.情報開示に関する基本的な考え方

当社およびニッタグループにおける情報開示については「NITTAグループ行動憲章:実践書」の第3項で定義し、実践しています。

NITTAグループ行動憲章:実践書第3項

  • 積極的かつ公正な企業情報の開示
  • 私たちは、多様なステークホルダーとのコミュニケーションを重視し、企業情報を積極的かつ公正に開示します。

  • 3-1 私たちは、株主や投資家に対し、ルールに則って適時かつ適切に企業情報を開示し、透明性の高い経営を目指します。
  • 3-2 私たちは、私たちを取巻く多様なステークホルダーと双方向のコミュニケーションや交流を図り、信頼される経営を目指します。
  • 3-3 私たちは、広く社会に対して広報活動や社会貢献活動を行い、NITTAブランドの認知とイメージの向上を図ります。
  • 3-4 私たちは、事業活動において知り得た未公表の情報に基づき、自ら株式売買を行わないことはもとより、他人にその情報を伝達したり株式の取引を推奨することは一切行いません。

Ⅱ.情報の取り扱い

金融商品取引法や関連法令、適時開示規則などで定められた各種経営関連情報については「重要情報の管理及び開示規定」及び「インサイダー取引防止規定」を制定し、情報の管理体制、内部者取引の規制等について規定しています。

Ⅲ.情報開示

当社においては「重要情報の管理及び開示規定」及び「インサイダー取引防止規定」、グループ会社においては「関係会社管理規程」にもとづき、当社内の経営関連情報の報告体制とグループ会社から当社への報告体制を構築し、必要に応じて情報開示を行なっています。

Ⅳ.情報開示に係わる社内体制のチェック機能

当社の内部監査部門において、ニッタグループ全体の内部統制の整備および内部監査体制の向上を図るとともに、情報開示に係わる社内体制のチェックを行なっています。

このページの先頭へ