ニッタ株式会社

CSRへの取り組み

ホーム > CSRへの取り組み > 情報セキュリティに関する取り組み

情報セキュリティに関する取り組み

情報セキュリティに関する企業責任は重大なものとなっており、当社は、情報セキュリティ方針、情報セキュリティ管理規程を制定するなど、情報管理体制の整備を行い、情報の漏えいなどを起こさない安全で信頼される企業であることを目指しています。

NITTAグループ情報セキュリティ方針

ニッタグループ(以下、「当社グループ」とします。)は、「NITTAグループ行動憲章」および法令等を遵守し、お客様、取引先の情報と当社グループが保有する情報資産をその目的に従い適正に取り扱うとともに、情報資産を取り巻く様々な脅威から、その機密性・完全性・可用性を確保して正常に維持する取組(以下、この取組を「情報セキュリティ」とします。)を行います。


1.
情報セキュリティ体制の構築
当社グループは、情報セキュリティに関する責任者の選任等、情報セキュリティ体制を構築します。
2.
法令遵守と規程整備・遵守
当社グループは、情報セキュリティに関係する法令(以下、「関係法令」とします。)を遵守します。また、当社グループが保有する情報の外部への漏洩、破壊、紛失、許可外のアクセス等を防止すべく、情報セキュリティに関係する規程(以下、「情報セキュリティ関係規程」とします。)を整備し、その遵守を徹底します。
3.
情報セキュリティ対策の実施
当社グループは、情報システムの開発、運用、メンテナンスに際しては、情報セキュリティに関する適切な対策を講じます。
4.
事故・障害への迅速な対応
当社グループは、情報セキュリティ事故および情報システムの障害が発生した場合に、可能な限り迅速に事業活動を再開するために、あらかじめ事故・障害対策を策定します。
5.
教育・啓発活動の実施
当社グループは、社員に情報セキュリティ対策に関する教育および啓発活動を継続的に実施し、情報セキュリティ意識の向上に努めます。
6.
継続的な見直し・改善
当社グループは、この方針および関係法令、情報セキュリティ関係規程の遵守状況等を定期的に点検・評価するとともに、情報セキュリティ体制および対策を継続的に見直し、改善・向上に努めます。
以 上

このページの先頭へ