ニッタ株式会社

CSRへの取り組み

ホーム > CSRへの取り組み > 互いを尊重し人を大切にする取り組み

互いを尊重し人を大切にする取り組み

Ⅰ.ニッタグループの基本的な考え方

ニッタグループは、グループ理念における価値観のひとつとして「敬意」を定め、また、行動指針において「互いを尊重し、グローバルに社会や環境に貢献する」ことを定めています。加えて、当社グループは、行動憲章およびその実践書において以下の規定を設け、その周知徹底を通じて実現をはかることを目指しています。

  • 互いの尊重と働きやすい職場環境
  • 私たちは、社員の多様性、人格、個性を尊重するとともに、心身の健康と安全に配慮した働きやすい職場環境づくりに努めます。

  • 4-1 私たちは、国籍・民族・性・年齢・学歴・出身校・役職等で分け隔てることなく互いを共に働く仲間として認識し、一人ひとりの能力・意欲を活かし、協力し合える職場を作ります。
  • 4-2 私たちは、一人ひとりの人権、人格、個性を尊重します。
  • 4-3 私たちは、職場において相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与える、いわゆるハラスメント行為は徹底して排除し、安心して働ける職場を作ります。
  • 4-4 私たちは、社内で政治活動や宗教への加入を勧奨する行為は行いません。
  • 4-5 私たちは、衛生的かつ安全で働きやすい職場環境の確保に努めます。
  • 国際社会との共生
  • 私たちは、事業活動のグローバル展開を進めるにあたり、人権および国際ルールを尊重することはもとより、各国・地域における文化や慣習、ステークホルダーの関心に配慮した事業活動を行い、当該国・地域の経済社会の発展に貢献します。

  • 7-1 私たちは、グローバルに事業活動を行うに際し、国際ルールや文化や慣習を尊重し、取引先との相互協力と信頼関係を築きます。
  • 7-2 私たちは、人権を尊重し、国籍、民族、性、宗教等に基づく差別は一切行いません。
  • 7-3 私たちは、児童労働や強制労働等の不当な労働行為をさせないことはもとより、当社の取引先が行うことも認めません。

Ⅱ.人材育成

社員の自主性を尊重し、意欲ある者には挑戦のチャンスを与え、多様な人材を育てる人事制度を導入しています。
「ニッタ人材開発プログラム」として以下の2つのプログラムを中心に人材の育成を行なっています。

1.
「キャリア開発プログラム」
主体的自律的にプログラムに参画できる自己開発プログラム。
2.
「研修タワープログラム」
キャリアの育成にむけて、さまざまな能力開発の機会を提供するプログラム。

ニッタ人材開発プログラム

Ⅲ.活力ある職場環境に向けての取り組み

当社は、「人材が最大の経営資源」という理念のもと、変化に柔軟に応えることができる人材の育成、働く喜びと誇りを共感できる職場環境の実現を目指しています。
「育児休暇制度」、「ファミリーケア休暇」、「バースデー休暇」、「リフレッシュ休暇」といった休暇制度を設け働きやすさの向上を図っています。
また、障がい者と健常者とがともに気持ちよく働ける職場環境作りをめざして、向上においてもバリアフリー化を進めています。現在は、障がい者の雇用数は法定雇用率を上回っておりますが、今後もこの状態を維持してまいります。

Ⅳ.安全第一で働きやすい職場環境作り

当社は、2004年1月に労働安全衛生マネジメントシステム(OHSAS18001)を認証取得しました。安全で快適な職場環境を実現するために、事業所ごとにリスクアセスメントを行い、目標を設定し、さまざまな活動を展開するなど全社員の行動を通じて、「危険ゼロの職場」を目指し、継続的改善の推進をしています。2007年には、本支店・工場にAED(自動体外式除細動器)を設置し、その取り扱いの講習会を行っています。

このページの先頭へ