ニッタ株式会社

CSRへの取り組み

ホーム > CSRへの取り組み > 事業継続に関する取り組み

事業継続に関する取り組み

ニッタグループ事業継続基本方針の制定

大地震等の自然災害、あるいはその他の甚大な被害をもたらす危機が発生した場合において、従業員とその家族の安全を確保し、事業資産の損害を最小限にとどめ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を行うことを重要事項と考えています。
こうした考えに基づき、事業継続(BCP)の基本方針および行動指針を以下の通りに定めます。

NITTAグループ事業継続基本方針

■基本方針

ニッタグループは、事業運営を阻害し、ステークホルダーの皆さまに影響を及ぼすリスクに対する対応力・復旧力の向上に継続的に取り組み、自然災害・事故を始めとする不測の事態発生時においても事業を継続し、企業として地域・社会への責任を遂行するとともに、お客さまの求める質の高い製品・サービスを提供するために、事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)を策定し、全従業員でこれに取り組みます。

■行動指針

事業継続基本方針を実現するために、以下の行動指針を定めています。

●平常時

優先業務の洗い出しと復旧対策
各事業部門において不測の事態発生時にも継続すべき優先業務を洗い出し、それの目標復旧時間を決定し、それを達成するための対策を計画的に実施します。
また、第三者の知的財産権などの権利を侵害するような購買取引は行いません。
手順書等の作成と訓練の実施
不測の事態発生時の事業継続および復旧のための手順書等を作成し、計画的な訓練を実施します。
見直し、改善
事業環境の変化や訓練の結果を定期的に評価し、その結果に基づいた対策計画や復旧手順書の見直し、改善を継続的に実施します。

●不測の事態発生時

人命尊重
従業員とその家族の安否確認および周辺地域の方々を含む人命の安全確保および二次災害の防止を最優先事項とします。
社会貢献
地域・社会に貢献するという意識をグループ全体で共有し、保全活動に携わる従業員が自立的に行動することができるように努めます。

このページの先頭へ