ニッタ株式会社

会社情報

ホーム > 会社情報 > 132年の足跡

132年の足跡

ニッタ歴史館

1885年(明治18年) ・新田長次郎が大阪で製革業を創業
1888年(明治21年) ・わが国初の伝動用革ベルトの製造に成功
1906年(明治39年) ・北海道でタンニンの製造を開始
1909年(明治42年) ・(資)新田帯革製造所を設立
1918年(大正7年) ・ゴムベルトの開発・販売開始
・膠・ゼラチンの製造を開始
1945年(昭和20年) ・(株)新田帯革製造所
 新田護謨工業(株)
 新田膠質工業(株)の3社に分割、設立
1965年(昭和40年) ・(株)新田帯革製造所を新田ベルト(株)に社名変更
1968年(昭和43年) ・大和郡山市に奈良工場を建設、移転
・米社と合弁で(有)ニッタ・ムアーカンパニーを設立
1971年(昭和46年) ・米社と合弁でユニッタ(株)を設立
1980年(昭和55年) ・米国にNITTA INTERNATIONAL INC.設立
1982年(昭和57年) ・新田ベルト(株)をニッタ(株)に社名変更
1983年(昭和58年) ・米社と合弁でロデール・ニッタ(株)を設立
・名張工場(三重県名張市)完成
1988年(昭和63年) ・(有)ニッタ・ムアーカンパニーを100%子会社とする
・オランダにNITTA CORPORATION OF HOLLAND B.V.を設立
・台湾に台湾霓塔股份有限公司を設立
1989年(平成元年) ・(有)ニッタ・ムアーカンパニーが韓国に合弁で
 韓国ニッタムアー(株)を設立
・米国にNITTA INDUSTRIES OF AMERICA INC.を設立
1990年(平成2年) ・株式を店頭市場に登録
1991年(平成3年) ・ドイツにNITTA INDUSTRIES EUROPE GmbHを設立
・オランダのCONDEV HOLDING B.V.(現社名はNITTA HOLDING B.V.)を
 株式取得による子会社化
1992年(平成4年) ・(有)ニッタ・ムアーカンパニーをニッタ・ムアー(株)に組織変更
・CI導入、企業革新運動「ニューウェーブ」を開始
・現ニッタ名古屋ビル(名古屋市中村区)完成
1993年(平成5年) ・米国子会社2社を合併し、社名をNITTA CORPORATION OF AMERICAに変更
1994年(平成6年) ・シンガポールにNITTA CORPORATION OF SINGAPORE PTE LTD.を設立
1995年(平成7年) ・大阪証券取引所市場第二部に上場
1996年(平成8年) ・東京証券取引所市場第二部に上場
1997年(平成9年) ・東京・大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定
1998年(平成10年) ・現ニッタ本社ビル(大阪市浪速区)完成
2002年(平成14年) ・ユニッタ(株)をゲイツ・ユニッタ・アジア(株)に社名変更
2004年(平成16年) ・ロデール・ニッタ(株)をニッタ・ハース(株)に社名変更
・中国に霓达摩尓科技(常州)有限公司および常州霓达摩尓伊藤金属有限公司を設立
2005年(平成17年) ・中国に霓达精密传动(常州)有限公司、霓达摩尔(广州)软管有限公司を設立
2007年(平成19年) ・メキシコにNITTA MOORE MEXICO S.DE R.L.DE C.V.を設立
・現ニッタビル(東京都中央区銀座)完成
・高知工場(高知県香美市)完成
2009年(平成21年) ・ニッタ・ムアー(株)、ソナック(株)の2社を吸収合併
2010年(平成22年) ・中国に霓达(上海)企业管理有限公司を設立
2012年(平成24年) ・インドにNITTA CORPORATION INDIA PVT.LTD.を設立
・中長期経営計画(V2020)を策定
・中国に霓达机电科技(常州)有限公司を設立
・十勝地方の自社森林が環境省による“オフセット・クレジット”認証を取得
2013年(平成25年) ・ブラジルにNITTA BRAZILを設立
2015年(平成27年) ・タイにNITTA CORPOTATION (THAILAND) LIMITEDを設立
2016年(平成28年) ・カナダのConnect Conveyor Belting Inc.を株式取得による子会社化
2017年(平成29年) ・浪華ゴム工業株式会社を株式取得による子会社化

このページの先頭へ