製品情報

ホーム > 製品情報 > エアクリーン用製品 > バイオコントロール製品 > FOGACT®

FOGACT®

FOGACT<フォグアクト>は、過酢酸系除菌剤PBio アクトリルをドライフォグにして噴霧し、実験機器庫内を隅々まで除染する装置です

FOGACT<フォグアクト>製品特徴

【特長1】
短時間で芽胞菌・真菌・ウイルス等、微生物を除染する優れた効果。また、過酢酸ドライフォグ噴霧により庫内を濡らしません

消毒用エタノールやUV殺菌灯では殺せなかったカビの胞子や芽胞形成菌も、清拭では手が届かなかった隅々まで、過酢酸系除菌剤が行き届いて確実に除染します。1~2時間という短時間で、106個の細菌芽胞や真菌胞子を死滅させる効果が確認されています。
清掃・消毒の作業負担を軽減するとともに、クロスコンタミネーションを防止し、厳密なチェンジオーバーを可能にします。

FOGACT

【特長2】
過酢酸系除菌剤PBio アクトリルは、米国EPAおよびFDAの認可品です。残留毒性がなく、生物分解性があり人に対しても安全です

専用薬剤のPBio アクトリルは、その優れた殺菌・殺芽胞・殺真菌・殺ウイルス効果から、「低温滅菌剤」として米国環境省EPAに許可され(Reg. No.52252-7)、高い安全性から、FDA により、医療用具の滅菌消毒のための使用が認められています。残留毒性もなく、生物分解性があり人に対しても安全です。欧米の製薬企業で20年以上の使用実績があり、日本でも急速に利用が広がっています。

actril

【特長3】
小型で軽量な装置は、様々なラボスタイルの実験機器の除染に汎用的にご利用いただけます

FOGACT<フォグアクト>は小型・軽量で持ち運んで様々な実験機器庫内に汎用的に設置できます。除染時間を自動計算するので、簡単に使用できます。CO2インキュベーターならおよそ1時間、安全キャビネットなら、およそ2時間で完了します。庫内を濡らさないので、除染終了後は拭き取り、中和等の後処理が必要ありません。

安全キャビネット

安全キャビネット

CO2インキュベーター

CO2インキュベーター

遠心機チャンバー

遠心機チャンバー

パスボックス

パスボックス

【特長4】
除染効果を確認するバリデーション専用ツール、バイオロジカルインディケーターもご用意しています

従来の手作業による清拭では、除染効果を確認する方法がありませんでした。 FOGACT<フォグアクト>除染バリデーションツールに含まれる指標菌のBI(バイオロジカルインジケーター)を庫内に設置し、除染終了後に培養試験を行うことで、除染効果のバリデーションが可能です。

培養試験

FOGACT<フォグアクト>主な機能

  • 過酢酸をドライフォグ噴霧し庫内を除染

    FOGACT<フォグアクト>は超音波方式でPBio アクトリル(過酢酸系除菌剤)をドライフォグ噴霧し、温湿度センサーで噴霧量をコントロールすることにより結露を防止し、ドライ状態で庫内を除染します。

  • オートカリキュレーション機能

    FOGACT<フォグアクト>は対象機器庫内の初期温湿度を元に、最適な除染時間を自動計算します。
    (庫内温度分布や、庫内形状、気密性、庫内設置物等により、除染効果に差がある場合があります。)

  • ログ機能

    FOGACT<フォグアクト>使用時の除染条件と1分毎の庫内の温湿度ログは付属のUSBメモリに自動的に記録され、バリデーション時の除染条件の確認に役立ちます。

  • メモリー機能

    お使いの除染対象機器について、バリデーションのとれた除染プログラムを3つまでメモリーでき、ボタンひとつで呼び出せます。

このページの先頭へ